« 2016年8月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年10月

2016年10月15日 (土)

まさかの…展開。

朝晩寒くなってきましたね〜。
やっと秋だなぁ〜と思う今日この頃です。

話しは変わりますが、実は先週水曜日に救急車で搬送されました(^◇^;)
原因は「子宮筋腫」の肥大化。

今までに経験した事ないほどの激痛と過呼吸、全身硬直。
主人が慌てて救急車を要請。
付き添いで乗った事はありましたが、搬送されたのは初めてでした。

救急車って乗り心地悪いですね(笑)
下腹部が痛いのに更に揺れて痛い痛い(笑)
まぁ〜急いでるから、しょうがないのかな〜と思いますがね。もう二度と乗りたくないなぁと思いました(^^;)

で、結局搬送されましたが婦人科の先生がいなかったので、点滴とロキソニンのみで終了。
CTを撮りましたが、先生が「こんなに筋腫が大きいから手術されたほうがいいのでは?」と言われました。

翌日、婦人科に行って再検査しに行きました。
やはり、婦人科の先生にも手術を勧められ、ここでは手術は出来ないからと総合病院を紹介して頂きました。

まさかね〜、手術する事になるとは夢にも思ってなかったので正直ショックでしたね。
私の母も40代で子宮筋腫の手術をしたので、やはり体質が似てるから遺伝したのかもしれないですね。

自分では、薬で治療をしてるので筋腫も小さくなっていると思っていたのに、逆に大きくなってるとは思いもしませんでした。
なんで、育ったのかは未だにわかりませんが…。

手術をするにあたって、これから貧血を治す事と「リュープリン」と言う「抗ガン剤」を皮下注射する事になりました。
抗ガン剤と聞いたらビックリするけど、子宮筋腫は良性の腫瘍なので大丈夫ですよ〜‼︎

少しでも筋腫を小さくしないと腹腔鏡手術が出来ないそうなので、この注射を来年の春まで打って、予定では4月頃に手術するとの事。

手術なんて、物心ついてからした事ないので怖いけど、元気になる為にはしないとね。
注射の副作用で、更年期の症状が強く出てくるみたいで、体温調整が難しいです。
急に暑くなって汗が吹き出たり、急に寒くなったり。
今日はめまいもして、午前中はグッタリしてました。

まだ1回しか注射してないのに、あと5回打つのね〜(骨粗鬆症になるので6回までしか出来ない)と思うと気が滅入りますが頑張ろうと思います‼︎
早く元気になってフルート吹きたいし。教えたい‼︎

子宮筋腫で辛い症状をお持ちの方々の為に参考になればと思い、これからも近況報告をしたいと思います。
頑張るぞぉ〜‼︎\(^o^)/

<参考資料として載せておきます>

リュープリン(LEUPLIN)とは、抗がん剤です。

主に、子宮筋腫、子宮内膜症、前立腺がん等の治療に利用されます。

主成分のリュープロレリン酢酸塩(Leuprorelin Acetate)は、性腺刺激ホルモンの分泌を抑制する作用があります。

この作用により、ホルモン依存性の癌を抑制する働きがあると言われています。

尚、本剤は、癌の根本的な治療を行う薬ではなく、症状の緩和や進行を鈍化させる対症療法薬です。

本剤の成分は、消化器官で分解される割合が高いため、通常注射で投与します。

適応症は以下の通りです。

・子宮内膜症
・過多月経、下腹痛、腰痛及び貧血等を伴う子宮筋腫における筋腫核の縮小及び症状の改善
・閉経前乳癌
・前立腺癌
・中枢性思春期早発症

リュープリンは、武田薬品工業株式会社により製造販売されています。

主な副作用

リュープリンの主な副作用は、以下の通りです。

・火照る(ホットフラッシュ)
・熱感がある
・のぼせる
・肩がこる
・頭痛がする
・不眠になる
・眩暈(めまい)がする
・発汗する
・関節痛がある
・骨疼痛がある
・LDH値が上昇する






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

9月は苦難だったぁ〜。

とうとう10月になりましたね〜。
雨の10月って言うか、9月から台風が続けざまに
来るし、変な天気でした。☔️
また、台風来てるんですよね?気をつけましょ‼︎😓

で、私は9月は病院🏥通いの月でした〜(泣)
9月に入ってから、湿疹が首から胸辺りに出て、痒みと皮膚がガサガサになり、なんかセメダインを貼ってるような感覚になり、熱も出てしまい内科に行き、それから病院通いが始まりました…😔

その内科で点滴と飲み薬を処方してもらったのですが、一向に痒みと熱が下がらず、もしかして皮膚科のほうが良いのでは?と思い受診しました。

で、結局、「脂漏性皮膚炎」と言われました。
ストレス、睡眠不足、季節の変わり目などによるものらしく、確かにここ広島に来て半年経ち、色々な事もあり慣れない土地で疲れが出たのかもしれませんね。

そして、内科で血液検査をしたのでその事を話すと、検査結果を見たいと言われ、ここでも血液検査をしていいですか?と言われたのでしました。

で、2日後また皮膚科に検査結果を聞きに皮膚科へ。

そうすると、先生がすぐさま一言。
「すぐに内科に行って!鉄が足りな過ぎですよ!」
と言われ、検査結果を見ると、女性の鉄量が40〜170に対して私は「9」。

「あれ?私、これしかないんですか?」って言うと、先生が「ダメよ〜、これじゃ。鉄剤の注射打たないと間に合わないよ。しんどいでしょ?これじゃー、血液の流れも悪いし皮膚の再生もなかなか出来ないわよ。すぐに行ってね。」と言われてしまいました。はぁ〜…😩

またもや「鉄欠乏性貧血」再発でした。
今年の3月まで、鉄剤を飲んでいたのですが血液検査をしたら標準値に達したのでやめたところでした。
止めた途端にこの数字。急激に数値が下がったのは婦人科のほうの病気のせいでなっているのはわかっていますが、こんな急激に下がるとはね〜。

そして、そのまま皮膚科の先生が紹介して頂いた内科に行ったのですが、その先生に「婦人科の病気でなってるのは明らかなんだから、うちではしないから。早く今日か明日には婦人科に行って鉄剤の注射打って下さいね!」と広島弁で早口で言われ、ちょっと怖かったのですが、言われるまま婦人科へ。

婦人科で血液検査の結果を見せたところ、すぐさま鉄剤の注射を打ちました。
が、なかなか薬が入らず、右手で失敗、左手でも出来ず、折角来たのに注射出来ずでヘコミました(泣)

なんで鉄剤の注射出来なかったのか、看護師さんも先生も謝ってきましたが、先生が家の近くの内科で注射を打ってもらえるように紹介状を書きますと言って下さいました。

結局この日は3件の病院ハシゴをし、疲れ果てて帰宅。
いやぁ〜、貧血なのによく頑張った!と思いました(笑)😅

次の日、初めに行った内科で鉄剤注射をしました。すんなり出来てホッとしましたが、先生にどの位の頻度で打てばいいのか聞くと、「そうね、週に2〜3回かな。来れる時に来て下さいね!頑張りましょう‼︎」と元気に言われ(笑)、現在の回数は3回かな。あと2〜3回行って、今は注射と錠剤を併用しているので、錠剤だけになります。
だいぶ息切れが少なくなりましたが、まだ階段上るのはきついですね。早く良くならないかな。

そして、また新たに足の小指が腫れて膿を持ってしまい皮膚科に行き、切開してもらいました。
まぁ〜今日で切開して5日目ですが💦
突然、朝起きたら腫れてて、床に足が着けなくなり痛いのなんのって‼︎
先生が言うには、爪が巻き爪になっていて爪自体がブカブカに剥がれそうになっていたから、そこから細菌が入って膿んだのでは?とのこと。
女医さんですが、先生ったら男っぽい作業で、予告もなく治療台に上がった途端、バリバリっ!と爪を切り始め、膿を出す為に麻酔注射もなく、多分針か何かでブスっと刺し、あっという間に治療終了。
「先生、痛いです〜‼︎💦」って言ったんですけどね(笑)😅



こんな感じで治療中でございます。参った参った…😓
長々と書いてしまいましたが、こんな9月でございました。
早く良くなりたいものです。免疫力を上げないとです。
今朝は、ひじきの煮物も食べたし、レバーやアーモンドや鉄の豊富な食事を摂らないと。

季節の変わり目、皆様も体調管理には気を付けてお過ごし下さいませ。
私も頑張りますよ〜〜‼︎‼︎✨😊👍

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年12月 »